【Amazonギフト券キャンペーン】
初回チャージ限定で
1000~2000ポイントGET!!

【購入して3ヶ月】オットマン付きのGTRACINGゲーミングチェアをレビュー!メリット・デメリットも紹介

オットマン付きのGTRACINGゲーミングチェアをレビュー!メリット・デメリットも紹介

自宅にある4~5000円ほどのデスクチェアに座っていると、長時間はキツイ・楽な姿勢がとれないという理由から「GTRACING ゲーミングチェア オットマン付き」を購入しました。

あまじい

ゲーミングチェアの中でも評価が高く前から気になっておったんじゃがついに購入にふみきりました。

値段が高いだけあり使ってみると普通の椅子と比べ使い心地もよく、もっと早く買っておけばと良かったというのが本心です。

この記事ではGTRACINGゲーミングチェアを日常的に使ってみて「良かった事悪かった事」を紹介していきます。

また、自分は購入時にオットマンをつけるか?つけないか?でかなり迷ったのでオットマンの使い心地や感想なども紹介していこうと思います。

この記事で分かること
  • GTRACINGゲーミングチェアの詳細
    (使い勝手・座り心地・サイズ等)
  • オットマンの使い方
  • 使ってみて良かった事
  • 使ってみて悪かった事
  • 組み立てに関して

GTRACINGゲーミングチェア オットマン付き909-BLUEのスペック

カラー ブルー/レッド/ブラック/ホワイト
価格 23,980円※価格は2020年10月現在の物
重量 約24.18kg
サイズ 幅67.31×奥行51×高さ120.65cm~132.08cm
製品の特長 リクライニング165度・座面+ひじ置きの高さ調整可・頭/腰部クッション・座面に10cm厚ウレタンフォーム
オリジナル性能 オットマン付き

ちなみにブラックのカラーだけ品番が909ではなく901になっています。同じ製品ですが若干背もたれのデザインが違うようです。

製品の詳細

GTRACINGゲーミングチェアのオットマン付きGT909を購入

「手触り」
全体にPUレザーが使用されているので触り心地はサラッとしています。

PUレザーは合成皮革の一種で「耐水性・通気性」があるので日常使いと相性がいいです。

「座り心地」
座面は「10cm厚のウレタン」が入っているのですごく快適です。お尻に受ける感触としては少し固めの高反発といった感じです。

「ひじ置き」
大きめに作られているのでひじをゆったりおけて快適です。また高さ調整もできるのもGOOD。

あまじい

ひじ置きが邪魔な場合は外すこともできます。

「背もたれ」
かなり大きめなのですっぽり包まれている感じです。リクライニングが165度まで倒せるのでゆっくり休みたい時に重宝します。

ヘッドレスト頭部クッションランパーサポート腰部クッション
見た目はやわらかそうなクッションに見えますが両方とも少し固めの高反発といった感じです。頭のクッションは動かせませんが腰のクッションは上下に動かすことができます。

収納式オットマンの詳細

収納式のオットマンはどうやって使うの?と疑問を持っている方も多いと思うので簡単な使い方を紹介していきます。

オットマンは座面の下に収納されているので使いたいときは銀のフレームを伸ばして使用します。

GTRACINGゲーミングチェア オットマンの収納時と伸ばした時

無駄な手間もなくサッと伸ばして使えるので使おうと思ったときにすぐ使用でき便利です。

あまじい

収納式なので普通のオットマンと違って邪魔にならないのがGOODじゃな!

見た目は貧弱そうで、足乗っけたら折れないかな?と感じますが、頑丈な作りなので実際に使ってみると折れそうという心配は全然ないです。

ちなみに私の体重は70kgほどです。

GTRACINGゲーミングチェア オットマン付き【使ってみてよかった事】

ここからは「GTRACINGゲーミングチェア オットマン付き」を日常的に使ってみて特によかったと思える事を紹介していきます。

使ってみて良かった事4選
  1. いろんな個所の高さ調整ができて便利
  2. 頑丈にできていて安定感バツグン
  3. 長時間作業でも疲れない
  4. 「オットマン+165度リクライニング」が快適で必須レベル

その1, いろんな個所の高さ調整ができるので便利

このゲーミングチェアは「ひじ置き座面ランパーサポート腰部クッション」の3か所を高さ調整することができます。

GTRACINGゲーミングチェア オットマンはいろんな個所が高さ調整可能

当然ながら座面も高さ調整ができるので自分の身長や使っている机に合わせられます。

ひじ置きも上下に高さ調整ができるのでこれが思ったより便利です。

ひじ置きをPCのキーボードと同じ高さにして文字を打ちやすくしたり、ひじ置きを低くして手がゆったり休める状態にしたりといろんな場面で対応できます。

あまじい

以前のひじ置きの高さが変えられない椅子とは比べられないぐらい便利じゃ!

ただひじ置きを左右に動かすことはできないのがちょっとざんねん。

ひじ置きが途中で邪魔になった場合も面倒ではありますが、座面下のネジ計6本を外すことでひじ置きの脱着は可能です。

また、このゲーミングチェアではランパーサポート腰部クッションの高さも変えることができます。

GTRACINGゲーミングチェア オットマンはランパーサポートの高さ調整もできる

上下の可動域が広いので自分の姿勢や体の状態に合わせて使えるのが便利です。

あまじい

ワシはパソコン作業中に腰が痛くなりやすいのでちょうど腰に当たる部分にクッションを設置しています。

ヘッドレスト頭部クッションは上下の調整ができないので、取付の際に「何㎝か上下にずらす・少しクッションの角度を変える」程度となります。

また、このヘッドレスト頭部クッションランパーサポート腰部クッションはいつでも取り外しができるので、使ってみて邪魔だと思う方は外して使用することもできます。

両方のクッション共に中に綿が入っていて「固めで弾力がある高反発系」といった感じです。

あまじい

頭と腰にクッションがあるからリクライニングして寝る時に相性抜群なんじゃ!

その2, 頑丈なゲーミングチェアで安定感抜群

GTRACINGゲーミングチェア オットマンは頑丈で安定感バツグン

このゲーミングチェア、作りがしっかりしているうえに重量もあるので椅子の安定感がハンパじゃないです。

以前使っていたデスクチェアは後ろに体重をかけると椅子ごと後ろにひっくり返りそうになってましたがこのゲーミングチェアは全く動じないです。

あまじい

「椅子が壊れそう・倒れそう」と考えなくていいので精神的に楽じゃな!

また、椅子を動かしてもギシギシという音がならないのも良かった点のひとつです。さすがに高かっただけあります。

現状、3ヶ月間ほぼ毎日パソコン作業で使っていますが新品時とまったく同じ状態で使えているので耐久性もよさそうです。

その3, 長時間作業でも疲れない

GTRACINGゲーミングチェア オットマンは長時間作業でも疲れない

GTRACINGのゲーミングチェアは「三次元立体成型」のフレームになっているので頭/肩/腰をしっかり支える構造になっています。

実際に座ると分かるのですが、椅子の形に沿って座ると自然と真っすぐで良い姿勢の状態をキープできます。

あまじい

変な姿勢になりにくいから長時間パソコン作業やっても全然へっちゃらです!

さらにヘッドレスト頭部クッションランパーサポート腰部クッションがあるおかげでより疲れ知らずといった感じです。

ただ、家族が座ってみると頭部のクッションが少し邪魔かもと言っていて、外してみたらちょうどよくなったと言っていたので人によってはクッションがないほうが楽かもしれません。

まあ頭部と腰部のクッションは外せるので使ってみて邪魔だと思ったら外しちゃいましょう。

また普通のデスクチェアより座面が広く、椅子の上であぐらをかくことができるので足の体制を変えられるのもGOODです。

あまじい

しかも座面は10cm厚のウレタンフォームが使われているから座り心地もいいです!

その4, オットマン+165度のリクライニングが快適で必須レベル

GTRACINGゲーミングチェア オットマンとリクライニングで本当に寝れる

このゲーミングチェアはリクライニングが165度まで倒れるのでそれだけでゆっくりと休むことができます。

ただその状態だと足が延ばせないのでここでオットマンの登場です。

「オットマン+リクライニング165度」で休憩というよりはもうホントに寝ることができちゃいます。

作りがしっかりしてるので寝る体制になっても椅子がひっくり返る感じも全然ありません。

実際に30分ほど寝てみたことがありますが安定していたので倒れる心配はなさそうです。

また、オットマンは収納式なので「作業時は閉まう休憩時はサッと伸ばすということができ、邪魔にならないのがすごく便利です。

あまじい

普通は椅子とオットマンが別々じゃからけっこう邪魔になるんじゃよな!

大げさに聞こえるかもしれませんが、正直1度このオットマンの便利さを味わってしまうともうなくてはならない体になってしまいます。

GTRACINGゲーミングチェア オットマン付き【使ってみて悪かった事】

ここからは「GTRACINGゲーミングチェア オットマン付き」を日常的に使ってみて少し気になった事について紹介していきます。

気になった事2選
  1. 背もたれの角度を戻す際の勢いがすごい
  2. 床の痛みが気になる方はマットを引いた方がよさそう

背もたれの角度を戻す際の勢いがすごい

椅子をリクライニングで倒している状態から垂直に戻す際にガッと勢いよく戻ります。

まあ逆にゆっくり戻るよりは使いやすいですが。

なので角度を戻す際は背中や手で体重をかけながら戻すとちょうどいい感じに動いてくれます。

ちなみに角度は無段階で変更できるので自分の好きな角度に細かく調整することができます。

あまじい

背もたれの角度調整はレバー1つで簡単に操作できます!

床が気になる方はマットを引いた方がよさそう

当然ですが、このゲーミングチェアは重量が約24.18kgもあるので部屋の環境によってはマットなどを敷いておいた方がいいと思います。

自分はマットを敷かずにフローリングの上で直接使っていますが今のところ床にキズなどはついてません。

ただ、どうしても重たい製品なので万が一でも床をキズつけたくないという方は↓画像のようなマットを用意しておいた方がよさそうです。

あまじい

まあこの製品に限らずどのゲーミングチェアを買っても重量はあるのでしょうがないかの!

GTRACING ゲーミングチェアの組み立てに関して

GTRACING ゲーミングチェアオットマンの組み立て1

組み立ては大雑把に分けると
1,座面と背もたれをくっつける」⇒「2,座面の下にひじ置きを付ける」⇒「3,座面とキャスターをくっつける」という感じです。

他にも細かい作業はいろいろありますが大体こんな感じです。

ちなみに作業時間は30~35分ほどだったと思います。

工具は付属で付いている六角レンチがあるので、コチラで何か用意するという必要はないです。

GTRACING ゲーミングチェアオットマンの工具

ネジは名前別に入っているので頭が混乱することもなく作業時もスムーズです。

またとくに良かったのが説明書の内容です。

GTRACING ゲーミングチェアオットマンの取り扱い説明書

図解付きで細かく作業手順が書かれていたので迷うことなく作業を進めることができました。

あまじい

説明書どおりに進めれば子供でも組み立てられるぐらい分かりやすかったの!

作業内容も基本は↓画像のような六角レンチでネジをしめていく工程がほとんどなので難しくはなかったです。

GTRACING ゲーミングチェアオットマンの組み立て作業

ネジをどんどんしめていく、という作業を繰り返していたら自然と出来上がっていたという感じです。

ただ、座面と背もたれをくっつける」「座面とキャスターをくっつける」の2つの作業は重たくてけっこう大変でした。

あまじい

座面と背もたれが重いので手で支えながらの作業をすることになります。

組み立ては男の方だったらまったく問題なくできます。女の方の場合は重さに苦戦する場面もあるでしょうが組み立て自体は全然できると思います。

購入時に気になったこと

ここでは実際に自分がGTRACINGのゲーミングチェアを購入する際に気になった事についてまとめています。

あまじい

高い買い物なのでいろいろ気になっていたの!

購入場所についてはGTRACINGのゲーミングチェア全5種類を比較!の記事でも書きましたがGTRACINGと提携しているAmazonが現状では1番安く買える購入先となっています。

※2020年10月現在の情報となります。

購入時に気になった事3選
  1. ゲーミングチェアの匂いについて
  2. 身長はどれぐらいまで対応しているのか?
  3. 座面・ひじ置きの高さは何cmなのか?

GTRACING ゲーミングチェアの匂いについて

自分が購入する際に「商品の匂いが臭い」というレビューが1件あったので気になっていました。

商品が届いて開封したときは確かに革の匂いが多少しましたが、とくに嫌な匂いでもなかったので気になることもなくよかったです。

2~3日後には匂いもしなくなっていて完全に部屋に馴染んだようです。

あまじい

まあこれはどの商品を購入しても新品時は独特な匂いがするもんじゃしな!

身長はどれぐらいまで対応しているのか?

自分の身長は170cmですが全く問題ないです。

身長180cmを超える方のレビューを見てみると全然問題なく使えているようです。

身長160cmの家族にも座ってもらいましたがすっぽり収まってちょうどいいといっていました。

ゲーミングチェアということもあり全体的に大きめのサイズにできているので身長の低い方~高い方まで対応できそうです。

ちなみにこのゲーミングチェアの耐荷重は136kgなので誰が椅子の上に乗っても壊れることはまずないです。

座面・ひじ置きの高さは何cmなのか?

座面+アームレストひじ置きの高さ調整が可能

座面とひじ置きは高さ調整が可能なのでどれぐらいの高さに調節できるのかを紹介していきます。

「座面の高さ調整」
最低42cm~最高50cm

ひじ置きは上下9cmの可動域となっています。

例えば
座面が最低時のひじ置きは46cm~55cm
座面が最高時のひじ置きは64cm~73cm

座面の高さ調整は当たり前ですが、ひじ置きも高さ調整ができるので自分の身長や使っている机の高さに合わせることができ使い勝手がいいです。

あまじい

ひじ置きは高さが合わないと邪魔になるので調整ができるのには助かっています。

GTRACINGゲーミングチェア オットマン付きはこんな方におすすめできる

実際に自分が使ってみた経験からGTRACINGゲーミングチェアはこんな使い方の人なら絶対に満足できるんじゃないかという事をまとめてみました。

こんな使い方の方におすすめ
  • 長時間座っても疲れない椅子が欲しい
    (長時間ゲームやデスク作業を行う方)
  • あらゆる場所の高さ調整をしたい方
    (細かく自分の身長に合わせたい方)
  • 椅子の上でもしっかり疲れを取りたい
  • 椅子でそのまま寝たい方

ゲーミングチェアということもあり長時間座っても疲れない」「リクライニングでゆったりしたい」という条件を求めている方におすすめです。

普通のデスクチェアと比較すると体の疲れ方は全然違ってくるのでそこが1番のポイントです。

また、このモデルにはオットマンが付いているので「椅子の上で休憩する・寝る」「足を伸ばして使いたい」という方にも◎

やはり体に掛かる負担を軽減したいという方にはぴったりなゲーミングチェアだといえます

まとめ

GTRACINGゲーミングチェア オットマンまとめ

高い買い物でしたが椅子の構造やクッションのおかげか、真っすぐ正しい姿勢で作業ができるようになったのですごく助かっています。

あと購入時にオットマンをつけるか?つけないか?で迷いましたが結果オットマンをつけて大正解でした。

正直お財布が許すならオットマン付きのモデルでより快適に使うのがホントにおすすめです。

あまじい

オットマンは後付けができないので後から欲しくなっても付けられないからの!

「座り心地・機能性」ともにいいので、今使用している椅子からもう少しいい椅子に変えてみようと考えている方には十分満足できると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です