【Amazonギフト券キャンペーン】
初回チャージ限定で
1000~2000ポイントGET!!

オルトリーブの新型サドルバッグ2を実際に使ってみた感想をレビュー!

オルトリーブ(ORTLIEB)のサドルバッグ2をレビュー

以前使用していたサドルバッグが「自転車の取り付け取り外しが面倒」「走行時に脚に当たる」という理由から何かいい製品はないかと探していました。

あまじい

コンビニ等に寄る際にサッと付け外しができるバッグがいいんじゃがの~!

いろいろ調べた結果、愛用者も多くワンプッシュでバッグの脱着が可能な「オルトリーブのサドルバッグ2」に決めました。

さっそくオルトリーブのサドルバッグ購入したので

実際に使ってみた感想
(荷物の入る量・使い心地など)

サドルバッグの取り付け方法

について詳しくレビューしていきます。

あまじい

実際に自転車にバッグを付けて走行してみた感想も紹介していくぞい!

【新型】オルトリーブ(ORTLIEB)のサドルバッグ2

価格 7000円
サイズ/容量 Lサイズ/4,1㍑
重量 260g
製品の特徴 付属ホルダーでワンプッシュで着脱が可能

オルトリーブ(ORTLIEB)のサドルバッグ2の外観1

見た目の第一印象は「コンパクトで頑丈そうなバッグ」といった感じです。

あまじい

思ってたより小さく感じるの!荷物がちゃんと入るか心配じゃな。

オルトリーブ(ORTLIEB)のサドルバッグ2の外観2

裏面にはこのバッグの特徴でもあるワンタッチ脱着のホルダーがついています。

このホルダーのおかげで自転車からバッグをサッと取り外せるのでサイクリング時の買い物などに役立ってくれます。

バッグの中

オルトリーブ(ORTLIEB)のサドルバッグ2の荷物入れスペース

あまじい

入り口が広いので荷物は入れやすそうじゃわ!

また、中には補強板があり、これによりバッグが型くずれしにくくなっています。

従来のサドルバッグ1➔新型の2になったことで中のネジが平ネジに変更されより荷物が入れやすくなったようです。

あまじい

サドルバッグ1はネジの出っ張りが嫌で改造してた人も多いようじゃが、サドルバッグ2は改良されて使いやすくなったようじゃ!

また、バッグの重量も330g➔260gと70g軽量化されています。

オルトリーブ(ORTLIEB)のサドルバッグ2のアタッチメント、付属品

付属品(アタッチメント)
「バッグ本体・説明書・取り付けホルダー・マジックテープ」

オルトリーブサドルバッグ2を選んだ理由
  • ワンタッチでバッグが取り外せる
  • 大容量な4,1L
  • 走行中バッグが脚に当たらなそう
  • ネットで評判が良かった
    (脱着が楽で使いやすい・荷物が多く入るなど)

オルトリーブのサドルバッグ2を詳しくレビュー

ここからはサドルバッグの使い方・荷物の入る量・自転車に取り付けて走行の項目について実際に使ってみた感想も交えて解説していきます。

バッグの使い方は「荷物を入れる➔バッグを巻く➔ベルトを止める 」

オルトリーブ(ORTLIEB)のサドルバッグ2の荷物の入れ方の手順

このサドルバッグの開け締めはファスナータイプではなくロールクロージャー」というバッグを巻いてベルトに固定するタイプになっています。

なので荷物を入れたらバッグの余ったぶんだけ巻いていき最後にベルトで固定するという感じです。

あまじい

荷物が少ないときはバッグがより小さくなるのでこれは便利じゃ!

ただし、荷物をあまりに詰め込みすぎるとバッグが巻けなくなってしまうのでそこは注意が必要です。

ロールクロージャー式の利点
防水性・防塵性・荷物が少ないとバッグがコンパクトに

サドルバッグの中に入る荷物の量(けっこうな量が入る)

オルトリーブ(ORTLIEB)のサドルバッグ2に入る荷物の量

実際にサドルバッグに入った荷物
小型空気入れ・替えのチューブ・タイヤレバー・財布・スマホ・モバイルバッテリー・パーカー・靴下・メガネ・テッシュ・お菓子2個

思ったよりも多くの荷物が入りました。

あまじい

絶対に持っていきたい「タイヤの修理キット・スマホ・財布」の他にもけっこうな荷物が入ったの!

泊まりまでは分かりませんが、大容量なので日帰りで長距離を走る場合なんかは全然いけます。

また、バッグの中は補強板で上下が固定されてるので、荷物を多く入れても走行時に形が崩れにくくなっています。

あまじい

補強板のおかげでバッグがヘタらないから走行時も安定しておったの!

自転車に取り付けたらこんな感じ(実際に走行した感想も)

オルトリーブ(ORTLIEB)のサドルバッグ2を自転車に装着

実際に付けてみると分かるのですが、思っていたよりかなりコンパクトです。

バッグがホルダーでしっかり固定されてるので走行時も重たさや揺れみたいなものはほとんど感じないレベルです。

また、購入前に気になっていた以下の2点についても問題なかったので助かりました。

「バッグがタイヤに当たらないか?」

かなりスペースがあるので問題なかった(バッグの中に補強板があるので垂れてくることもない)

 

「走行時にバッグと脚が接触しないか?」

長距離の走行をしてみたが脚にバッグが当たることはなかった

あまじい

以前使用してたバッグは太ももに当たってイライラしとったんじゃ!これでやっとストレスなく長距離サイクリングが楽しめるわい!

取り外しがスライド式なので外出時も楽

オルトリーブ(ORTLIEB)のサドルバッグ2はスライド式なのでバッグの取り外しが楽

このスライド式のホルダーがとにかく使い勝手がいいです。

サイクリング途中にコンビニやスーパー等に寄った際もバッグの取り外しがかなり楽になります。

購入前は、スライドさせただけじゃ揺れてバッグが落ちちゃうんじゃないの!と思っていました。

実際はスライドさせるとカチッと音が鳴り、バッグとホルダーが固定されるので落ちるという心配はいらなそうです。

あまじい

ワシはこれ目当てで購入したんじゃ!以前使用してたバッグより取り外しが断然に早いの!

バッグは持ち運びやすくて利便性が良い(コンビニ等に立ち寄る際など)

オルトリーブ(ORTLIEB)のサドルバッグ2は外出時の持ち運びに便利

コンビニやスーパーなどに立ち寄った際に、バッグが心配だから取り外して持っていく…という人も多いと思います。

あまじい

ワシは心配性じゃからコンビニに5分程寄るだけでもバッグが盗られないか気になってしまうんじゃ!

サドルバッグなので手持ち用にはできていませんが、このバッグは中に補強板が入っているおかげで立体的な作りになってるのでけっこう持ちやすいです。

バッグのサイドに付いているベルトを持つとちからもいらずちょうどいい感じに持ち運びができます。

サドルバッグ2の取り付け方法

STEP.1
サドル下にあるレールにホルダーを装着
オルトリーブ(ORTLIEB)のサドルバッグ2の取り付けと使い方1

付属で付いてきたホルダーをサドル下のレールに装着します。

プラスネジで固定するのでプラスドライバーが必要です。

STEP.2
ホルダーにバッグをスライドさせてセット
オルトリーブ(ORTLIEB)のサドルバッグ2の取り付けと使い方2

【注意】カチッと音が鳴るまで奥にスライドさせます。

STEP.3
シートポストとバッグをマジックテープで固定
オルトリーブ(ORTLIEB)のサドルバッグ2の取り付けと使い方3

バッグに付いてるマジックテープでシートポストサドル下の棒とバッグを固定します。

ホルダーだけでもしっかり止まっていますが、もう1箇所止めることでより安全にバッグを固定できます。

サドルバッグ2のサイズはMかLどっちを選べば良いのか?

オルトリーブのサドルバッグは「Mサイズ1,6L」と「Lサイズ4,1L」の2種類が販売されてるので購入時に悩む方もいるかと思います。

今回ブログで紹介してるのがLサイズのバッグになります。

↑と↓の写真は荷物を少なめに入れた時のバッグの大きさになります。

オルトリーブ(ORTLIEB)のサドルバッグ2を自転車に装着

実際に使って感じたのが、荷物が少ないときはバッグのサイズがコンパクトで全然邪魔にならないということです。

「Mサイズを購入したが荷物が入りきらなかった…」という事を考えるとLサイズの方がおすすめだと思います。

また、付属の自転車に付けるスライド式ホルダーは全サイズ共通なので、Lサイズを購入後にMサイズをまた買い足しても一緒に使うことができます。

あまじい

これが便利なんじゃ!後で違うサイズのバッグを購入してもホルダーが共通だからそのまま使えるんじゃ!

オルトリーブ(ORTLIEB)サドルバッグ2【まとめ】

オルトリーブサドルバッグ2まとめ
  • ワンタッチ脱着が便利
  • 容量は日帰りには十分
    (パンクキット・財布・スマホ・服は全部入る)
  • 走行時もバッグが脚に当たらない
  • バッグは手持ちもしやすい
    (コンビニ等に寄った際に便利)

実際に使ってみての感想は単純ですが、「サイクリングに特化したバッグだな!」という印象です。

やはりワンタッチ脱着ができるスライド式ホルダーはバッグのつけ外しが早く非常に便利です。

あまじい

このバッグでサイクリングに出かけたが、コンビニやスーパーに寄る際もサッと取り外せて便利だったの!

あまじい

また、以前使ってたバッグと違い、ペダリング中にバッグが脚に当たらないのもワシとしては◎じゃ。

日帰りや長距離を走る際の荷物量なら余裕で入るので自転車にこのサドルバッグを1つ付けてれば基本なんとかなりそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です